子どもたちに伝統行事を説明するときにおすすめの絵本

十二支のはじまり

我が家で子どもたちに十二支の説明をしたときに使った絵本をご紹介します。

十二支のはじまり

数年前、親戚が集まったときに
「〇〇ちゃんの干支は何?」と聞かれ、

えとって何??」と、固まってしまったうちの子たち。

あ、子どもたちに干支の話をするの忘れてた!

っと慌てて買ったのがこの絵本でした。

優しい絵にわかりやすいお話、安心の定番絵本です。

あれから数年経ちますが、干支の話題が出るとこの本を出してきて、今でも活用しています。

十二支を英語で言うと

十二支は英語では twelve zodiac signs と言います。

それぞれの動物も書いておきますね。

ね Rat
うし Ox
とら Tiger
う Rabbit
たつ Dragon
み Snake
うま Horse
ひつじ Sheep
さる Monkey
とり Rooster
いぬ Dog
い Pig / Boar

今年はイノシシ年ですね。

十二支は中国から伝わったそうなのですが、もともと亥は豚のことだったそうです。日本では森林にイノシシが豊富にいたので豚を飼う必要がなく、豚が身近ではなかったためにイノシシになったのだとか。英語と一緒にそんな文化の違いも学べますね。

七福神とお正月

お正月におすすめの絵本をもう一冊ご紹介しますね

七ふくじんとおしょうがつ

かど松や松かざりの意味、どうしておぞうにを食べるのか、おせち料理の意味、年神さまや七福神さまについて、など物語にのせて伝えてくれる絵本です。

お話も楽しくてうちの子供たちと何度も読んでいます。

大人も勉強になりますよ。

七福神を英語で言うと

七福神は英語で The Seven Lucky Gods と言います。

それぞれの神様も書いておきますね。

布袋 Hotei: God of Cleverness
弁財天 Benzaiten: God of Beauty
毘沙門天 Bishamonten: God of Success
寿老人 Jyurojin: God of Health
恵比寿 Ebisu: God of Development
福禄寿 Fukurokujyu: God of Happiness
大黒天 Daikokuten: God of Wealth

 

「和」の行事絵本

他の行事の説明にはこちらがおすすめです。

「和」の行事絵本

「ひなまつり」の由来、「おそなえ」の意味、「端午の節句」で、かしわもちを食べる理由、など、日本人なら知っておきたい「和」の伝統行事と、季節の楽しみを、わかりやすく紹介してくれる絵本です。

絵もきれいで解説もわかりやすいです。

この絵本は、英語版もあります。
外国の方に日本の伝統行事を説明するときに使えますね。

「和」の行事えほん 英語版〈1〉春と夏の巻

伝統行事、子供達に伝えていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました