中学受験をするかどうか考えはじめたときにおすすめの本

中学受験をするかどうか考えはじめたときにおすすめの本があります

中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ

「私立中」「公立中高一貫」「名門女子中」など志望校はそれぞれの4つの家庭の物語を漫画で読むことができます。

私は地方出身なので中学受験をするクラスメートなどクラスに一人いるかどうかだったので、全く中学受験の経験も知識もありません。

けれども結婚して東京に住んでみると、クラスの3割は中学受験をするので2月の1週目は学校に来る子が少ないなどと聞くと、やっぱり気になります。

普通のサラリーマン家庭だし、中学受験をするとなると経済的にもギリギリです。それでも子供の将来を考えると、、、などと悩み出したらキリがありません。

受験するとなると塾に行くことになりますが、塾の新学年は2月に始まります。

そして一般的には4年生から受験準備のクラスが始まりますので

今、3年生ならば年明けの2月からがスタートになります。

まさに今が悩みどき。。。

ぜひ色んな本を読むなど情報を集めてみてほしいと思います。

本当は、色んな人に話を聞くのも大切だと思うのですが

中学受験ってデリケートなトピックなのか、なかなか聞きにくい雰囲気があるように思います。検索しても、受験産業寄りの情報が多いような。。。

この漫画は4つの家庭それぞれにドラマがあり、笑いあり涙ありで読み応えがありました。主人公の素朴な疑問、行動などもまさに、あるある、とか、あー、私も同じこと考えた、とか、参考になること、共感できること、感動すること、たくさんありました。もし迷っているなら一度、読んでみることをおすすめします。

他にも参考になる本がありますのでご紹介しますね。

「中学受験を考えたらまず読む本 2018-2019年版 (日経ムック)」

本を読んだりするうちにだんだんわかってくるのですが、はじめは本当に何も知識がなく、御三家ってどこのことかも知らなかったです。

なので一応、書いておきますね。

東京で男子校の御三家は開成・麻布・武蔵です。

女子の御三家もあります。桜蔭・女子学院・雙葉です。

で、本屋さんで御三家の過去問を立ち読みしてみましたら。。。

その難しさにびっくり仰天!でした。

記事のはじめに紹介した「中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ」にも、過去問を見てびっくりしている夫婦のエピソードが載っていて、めっちゃ共感しました。

しかし、いざ子どもが塾に入り、毎日大量のプリントを持って帰るようになると、それだけの勉強が必要だということにも納得しました。

4年生は週2回、夜8:00まで、

5年生は週3回、夜8:30まで、

6年生になったら週4回、夜9:00まで、

そして土日もお弁当を持って一日中塾で勉強。

かなりの時間とお金をかけることになります。

それだけの価値があるからみんな頑張るんだろうなと思います。

でも他にやりたいことがある場合、両立するのはかなり大変です。

ですので子どもの将来や、その子自身の資質など、よく考えて、受験するかどうかを決めたほうが良いと思います。

Follow me!